ジャムウソープの使い方や使用頻度はどのくらい?

08デリケートゾーンの気になるニオイや黒ずみ、ワキ、足の裏などをケアするジャムウソープ。そんなジャムウソープはどのように使えば良いのでしょうか?

ジャムウソープだけではありませんが、実はデリケートゾーンの正しい洗い方を知らない方もとても多くいます。ケアがしにくい、と言うのが大きな理由ですね。

でもこのデリケートゾーンのケアをしっかりと正しく行わないと、かゆみやニオイの原因にもなってしまいます。

そこでココでは、ジャムウソープの正しい使い方や使用頻度などについてまとめてみたいと思います。

ジャムウソープの正しい使い方について

まず一番最初に考えなくてはいけないのが「優しく使う」という事です。デリケートゾーンは特に皮膚が薄く粘膜も多いのでジャムウソープの使い方としては、しっかりと泡立て、その泡で優しく洗う事を心がけてください。

でもデリケートゾーンはどうしても汚れや垢がたまり易く、ジャムウソープを乗せるだけやシャワーを充てて流すだけではなかなかキレイになってくれません。

ジャムウソープの使用頻度としては、毎日のお風呂の時で良いのですが、指の腹などを使って優しくデリケートゾーンの前から順番に洗っていくようにしてみましょう。

どうしてもジャムウソープの効果を実感したい方はぜひ上記の事を守ってジャムウソープを使ってみてくださいね^^

ジャムウソープの泡立て方はどうしたら良いの?

ジャムウソープを効果的に使う為には「しっかりと泡立てること」がとても重要。ではどのようにジャムウソープを泡立てれば良いのでしょうか?

これは通常の洗顔石鹸などを同じで泡立てネットを使います。泡立てネットに少し水分をつけて、適量のジャムウソープを付けてください。

それをクルクルを回すように優しくネットを使う事で、どんどん泡が立ってきます。洗う部位が多い場合には、少し多めにジャムウソープをつけて泡立てることをお勧めします。

泡立てが上手く行っていないと、どうしてもお肌への刺激が多くなってしまいます。泡だけで洗浄するイメージでデリケートゾーンなどを洗ってください。

手で泡立てるのも良いのですが、なかなかモコモコ泡は作りにくいのが正直なところ。付属の泡立てネットでしっかりと泡立ててくださいね^^

2016-07-28 ジャムウソープの使い方や使用頻度はどのくらい? はコメントを受け付けていません。 ジャムウソープの使い方